ストッキングの人気のように戻ってきて…

 このほど、今年度の路線価が公表されました。
 路線価は、本来、相続税や贈与税などの申告をする時、
 土地の評価額の計算に利用されるものですが、不動産を取引する際、
 基準にされる事も多く、土地価格の目安となっています。

 この路線価、バブル景気時の1989年をピークに下がり続け、
 一時期持ち直していたものの、また4年連続の下落となっています。
 面白いことに、路線価同様にずっと下がり続けているものが、
 ストッキングの国内生産量です。

 女性がストッキングと呼ぶのは、いわゆるパンストのこと。
 ボディコン・ブームで89年にピークに達した後、
 年々、その需要は下がり続け、昨年度はピーク時の10分の1程度まで、
 縮小していたそうです。

 ピークが去った後、女子学生を中心に「ナマ足ブーム」が訪れ、
 厳しい冬の時代を迎えることとなります。 
 その後も、厚手のタイツから、レギンス、トレンカと、
 ストッキングは女性から敬遠され続けていました。

 ところが、今年に入り復調の兆しが現れてきたそうです
 レギンスなどの普及から、その上にショートパンツやワンピースを着る、
 ファッションが流行ってきたことが理由だとか。
 脚を出すことに抵抗感が薄れてきたことが後押しとなり、
 素足をカバーするための、ストッキング利用が見直されたそうです。

 ストッキングは、駐留地となった戦後の日本に、
 アメリカから入ってきたファッションのひとつです。
 それまで、国内では絹製の高価なものしかありませんでしたが、
 既に、アメリカではナイロン製のストッキングが普及していました。

 国内で初めてストッキングを発売したのは、肌着メーカーのアツギです。
 ストッキング欲しさに米兵に近寄っていく女性を見て、
 堀録助氏は国内でストッキングを生産することを決意します。

 戦後、堀氏は厚木編織(現 アツギ)を立ち上げ、
 捕鯨用のロープ等を生産していましたが、
 設備を整え、肌着や靴下の製造を試みていたところでした。

 それまでのストッキングは、織り上げた生地を後ろ側にあたる部分で、
 縫い合わせて脚の形にするものでした。
 さらに、この機械は当時の値段で何千万もするとても高価だったのです。

 アメリカで、縫い合わせをしないシームレスという方法が、
 話題になっていることを知ると、早速その製法の研究を始めます。
 機械メーカーに開発を依頼して、国産第一号のストッキングを完成させたのです。

 パンティ・ストッキングとして全国一斉発売されたのが68年のこと、
 丈夫で、美しく、それでもって安価なストッキングは、
 国内はもとより、海外の評価も高く、重要な輸出商品となります。

 一足あたり350~500円という発売当時の価格は、
 時代を経た今でも変わらず、物価の優等生となっています。
 約20年ぶりにあったたスポットライト、
 どこまで人気が上昇するか、これからが楽しみです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。