ブームの波は周期的にやってくる

 当事務所があるJR円町駅近くに、スパイシーなカレーの専門店があります。
 数種類の香辛料を独自にブレンドした独特な香りが特徴的です。
 具は鳥と野菜のみで、(ガッツり)食べるというより、
 そのスパーシーな香りを楽しむようなお店です。

 香辛料の調合にこだわったカレーをスパイスカレーというようで、
 特に大阪が発祥とされ数十種類のスパイスを使ったお店を、
 大阪スパイスカレーというようです。

 日本でスパイスにこだわったカレーが広まったのは、
 90年代のITバブルの影響だといわれています。
 当時、多くのインド人がIT関係の人材として日本に定住し、
 各地で、いわゆるインドカレー店が増えたからだそうです。

 初めて、日本にカレーが登場したのは1863年といわれていますから、
 150年以上経ったことになります。
 その10年後には、陸軍食堂の昼食メニューに、
 「ライスカレー」が登場したそうですから、注目の度合いが覗えます。
 食材のバランスに加えて、簡単に調理できる事が支持される理由だったそうです。

 当時のレストランでは、イギリスから輸入したカレー粉を使って調理していました。 
 ソース店の営業マンをしていた山崎峯次郎氏は、初めてカレーライスを口にし
 それまで経験したことのない異国の味に、すっかり虜になってしまいます。

 こんなに美味しいものを、好きなときに口にできないことが、
 残念で仕方がありませんでした。
 どうにかして、多くの人が気軽に味わえないものにならないかと考えると、
 この手でカレー粉を作ってみなければいけないと思い立ったのです。

 ヱスビー食品の創業者 山崎峯次郎氏は、洋食が高嶺の花であった時代から、
 カレー粉の調合を手がけ、国民に愛されるメニューになることに貢献しました。

 しかし、カレー粉がどのような成分からなり、配合の割合など、
 全くわかっていなかったので、手探り状態ではじめるしかありませんでした。
 あちこちの薬店を廻り、海外でカレーを食べたことがある人の話を聞いたりし、
 カレーの研究に没頭していったのです。

 昭和5年、努力の甲斐もありカレー粉を発売することにこぎつけます。
 最初は、国産のカレー粉に見向きもしなかったレストランでしたが、
 少しずつ取り扱ってもらえるようになります。

 やがて戦争の気配が色濃くなっていき、次第に原料の入手が困難になってきます。
 ついに、外国から輸入が途絶えることになりますが、
 その間も、全国を駆け回り原料を確保するのでした。
 戦地や疎開先でも香辛料として、
 カレー粉は重宝され、日本人の舌になじんでいきます。

 終戦を迎え、ヱスビー食品はいち早くカレー粉の販売を開始します。
 そして、乏しい食材でも美味しく食べられるカレーライスは、
 一般家庭の料理として、徐々に浸透していきます。

 やがて、固形カレールーの登場とともに、
 カレーは食べ盛りの子供のおなかを満たす、
 日本人の家庭の味となっていったのです。
 レトルト製品が出回り、食卓に普及するようになると、
 日本の食生活には欠かせない存在となっていったのです。

=======================================================================
発 行 元:シモヤマ会計事務所(下山弘一税理士事務所)
〒604-8471 京都府京都市中京区西ノ京中御門東町101
TEL 075-813-4850
発 行 人:下山弘一

━━━━━━━━━  京都の税理士・会計事務所 いい顧問  ━━━━━━━━━

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。