ぶれない信念はビジネス以外にも…

 民放の音楽番組が次々と姿を消すなか、
 50年を超えて支持され続けている番組「題名のない音楽会」。
 クラシックというマニア寄りになりがちな内容にもかかわらず、
 この3月の放送で2500回を迎えるそうです。

 趣向を凝らした構成が長寿を支えているのだと思いますが、
 スポンサーが一社提供であることで企画に自由さが増し、
 放送開始から月日が経っても少しも古さを感じさせません。

 その懐が深いスポンサーは、美術にも造詣が深い出光興産です。
 最近では、小説「海賊とよばれた男」が注目を集め、
 昨年年末に映画が公開されました。

 最近では珍しい、実在の会社、人物を主人公とした内容で、
 出光興産と創業者の出光佐三氏が行った、歴史的事件を題材としています。
 燃料が石炭から石油へ切り替わろうとしている時期、
 国会に貢献するという意志を持ち、石油の供給ルートを確保するため、
 欧米諸国に対して、勇敢に立ち向かう姿が描かれています。

 同社は、創業者の出光佐三氏が1911年に北九州の門司で、
 日本石油の特約店として機械油の販売をしたことから始まります。
 その後、漁船への燃料油を足がかりに、日本の海外占領にあわせて、
 中国へ石油販売へと販路を広げていきます。

 しかし、昭和20年の敗戦により、海外の事業所は全て無くなり、
 借金だけが残ってしまいます。
 出光佐三氏の人間尊重の方針、そして社員の協力により、
 再び命を吹き返し、現在に至るのです。

 戦前の荒っぽいやり方が業界の反発に遭い、
 出光は石油の販売事業に戻れませんでした。
 約1000人の社員を食べさせていくために、
 農業経営、醤油、酢の製造、
 ラジオの修理など色々な事業を手掛けていました。

 そんな中、政府総司令部から旧海軍の燃料タンクに残った
 廃油回収作業の指示がありました。
 旧海軍でさえ手を付けないような、危険な作業です。

 今では到底考えられないような過酷な作業。
 当時は、この仕事を確実にやり遂げることこそが、
 石油業界に返り咲くための第一歩だったのです。

 出光興産は2兆円を超す売上規模の会社でありながら、
 2000年に増資をするまではたった10億円という、
 決算書の成績でいうと、決してOKを出せるような金額ではなかったのです。

 出光氏の理想は「資本金は?無?とする」ことなのです。
 資本金を増やすということは、株主の言うことを聞かなくてはいけなくなる。
 資本家(金持ち投資家)の言いなりになって、
 搾取されることは決して許されない。
 出光氏にとって会社の資本は人であって、お金ではないのです。

 人が資本であると考えれば、借金をすることが悪いのではなくて、
 お金を借りられないことが悪いのです。
 出光氏流で言うならば…

 「会社の内容をよくして、いつでも必要なだけ銀行が
 お金を貸してくれるならば、借金で十分なのです」

 さて、借金はどういう時に必要になるのでしょう。
 赤字の時は、借金でその穴埋めをすることは良くあることですが、
 儲かっていても、お金は必要になってくるのです。

=======================================================================
発 行 元:シモヤマ会計事務所(下山弘一税理士事務所)
〒604-8471 京都府京都市中京区西ノ京中御門東町101
TEL 075-813-4850
発 行 人:下山弘一

━━━━━━━━━  京都の税理士・会計事務所 いい顧問  ━━━━━━━━━

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。